最近の住宅外壁には、サイディングボードが多く使われています。ハウスメーカー造の住宅も一部を除き外壁はサイディングボードです。 サイディングは高意匠製で、耐候性に優れています。 しかし、サイディングボードにもデメリットはあります。 第一に熱を吸収し、蓄熱しやすいと言う事です。 サイディングボードは吸収した熱を溜込みやすく、真夏の直射日光があたりやすい環境下では、素手では触れないくらいに熱くなる事もあります。 熱をため込むわけですから、室内の温度も自ずと高温になりやすく、外壁と内壁の間に入れてある断熱材などで内部へ熱を伝わりにくくしてあります。 この断熱材がきちんと施行されていなければ、室内は夏場は高温になりエアコンも効きにくくなります。また、冬場は寒く暖房が効きにくくなります。

それでは動画でどうぞ!

有限会社ピーテックカンパニー: 
http://www.ptech-comp.com

UMKテレビ宮崎 マイベストプロ:
https://mbp-japan.com/miyazaki/ptech/

挿入BGM:
http://musmus.main.jp/bgm.html

効果音素材:
ポケットサウンド https://pocket-se.info/

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎(市)情報へ

にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ

にほんブログ村

宮崎県ランキング